MENU

利用するのに必要な書類とは

カードローンではお金を借りる契約をするわけですから必要な書類がいくつかあります。

 

まず絶対に必要になってくるのが「本人確認書類」です。具体的には運転免許証やパスポート等が本人確認書類になります。どちらも持っていない場合は健康保険証や住民票でも問題ありません。基本的には運転免許証があれば問題ないと考えて良いでしょう。

 

次に「収入証明」が必要になる事が多いです。少額の融資の場合はこれも不要になる事がありますが50万円を超える借入や他社との合計が100万円を超える場合には必要になると考えて良いでしょう。源泉徴収票や所得証明書で収入証明が行えます。

 

この他、給与明細を数ヶ月分用意するなどの形でも構わないという業者も多いようです。自営業の場合は納税の証明書や確定申告の写しなどで代用できます。

 

この他、専業主婦がカードローンを利用する場合は婚姻関係を証明する書類や配偶者の同意書が必要になってきます。本人に収入がないためこのような書類が必要になってくるわけですね。

 

ここまでの話で分かるように本人に収入があり少額の融資であれば「本人確認」だけで融資を受けられる可能性が非常に高いのです。カードローンの契約というと難しそうに考えがちではありますが、実は案外簡単に申し込みができます。

 

銀行で借りる場合には所得証明書類が大きな金額まで不要となっている場合も多く、まとまった金額を借りるには銀行の方が向いているとされています。300万円まで不要となるオリックス銀行カードローンなどは人気も高いので、おまとめや借り換えとして借りる場合などはオリックス銀行の借り換えローンを考えてみましょう。