MENU

事前の返済計画は絶対に欠かせない

カードローンでお金を借りた後には、返済が待っています。一括にせよ分割にせよ、必ず返済しなければなりません。ですからカードローンの利用というものは、無事にお金が借りられたら一件落着ではなくて、全部返し終わった時でないと一件落着にはならないのです。

 

そんなカードローンの返済ですが、借りた後になってから返済のことを考えるようではいけません。借りる前にこそ、どうやって返すのかをきちんと計画しておくべきなのです。そうであってこそ、順調に返すことができるのです。

 

たとえば10万円を借りた場合、リボルビング払いで毎月1万円の自動引き落としによる返済をするとします。そうすると毎月の返済約定日には、最低でも1万円以上の口座残高が必要になるのです。もしも残高不足になると、返済トラブルとなってしまいます。そのような返済トラブルとは、事前の返済計画をしっかりと立てておかなかった人にこそ多く発生するものなのです。

 

とにかく10万円のお金を借りたなら、常識的に考えて、毎月1万円のリボルビング返済なら利子も併せると11か月は口座引き落としが続きます。その間、何のトラブルもなく無事故で返済し続けることが、お金を借りた者の果たすべき責任なのだと自覚しましょう。その責任を果たすためには、事前の返済計画は不可欠なのです。

 

しっかりと計画的に使えば余計な借り入れを重ねることもなく、安心して返済が進められるようになります。ただ、それでも返済が多くて負担が大きいと感じているなら、借り入れの一本化を検討してみると良いでしょう。

 

様々な借り入れ先で一本化を行うおまとめローンの返済方法が利用できるので、希望内容に近いカードローンでおまとめを利用してください。